天狗岳 中山展望台



暖かな冬でしたが、ようやく寒気が南下してくるとの予報に霧氷を期待して天狗岳へ。
初日の中山展望台にはエビのシッポの樹氷がいっぱい。真っ白なモンスターたちと楽しんできました。


2020.2.1
(土)
 渋ノ湯八方台
分岐
唐沢鉱泉
分岐
黒百合
ヒュッテ
中山峠ニュウ
分岐
中山
展望台
中山峠黒百合
ヒュッテ
晴れ  10:20着
 10:40発
11:40
11:50
12:1013:05
14:20
14:2514:4515:05
15:30
15:5516:00


あずさ号の車窓から見る峰々。  やはり今年は雪も少ない。

鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳
【鳳凰三山~甲斐駒ヶ岳】
八ヶ岳
【八ヶ岳】

冬期のバスは土日限定。茅野駅9:20発で渋ノ湯着。身支度し、登山届を出してスタートしました。
最初の急登は雪面も凍結していましたが、勾配が緩んだ辺りから雪道になり楽しく八方台分岐に到着。

渋ノ湯 天狗岳登山口
【渋ノ湯 天狗岳登山口 (拡大)】
八方台分岐
【八方台分岐】

標高が上がると霧氷が現れ、やがて向こうに真っ白な山肌が見えてきて、ワクワクルンルン。


【霧氷】

【真っ白な山】

天狗の奥庭の斜面に出ました。真っ白で思わず、歓声~♪ すぐ先が黒百合ヒュッテです。


【真っ白~♪】
黒百合ヒュッテ
【黒百合ヒュッテ】

部屋は16:30に決まるとの事。サブザックに昼食を入れて天狗の奥庭へ向かいましたが、
スノーシューのトレースしかなく、つぼ足では何度も腿近くまで踏み抜きヨロヨロ。残念だけど断念。


【テント場見つつ (拡大)】

【天狗の奥庭へは・・・無理】

テント場近くで真っ白な木々を眺めながら昼食を済ませ、明日行く予定だった中山展望台へ。

白い木々
【白い木々 (拡大)】

【中山峠へ】

中山峠で天狗岳への道をちょっと確認して、展望台へ向かいます。


【中山峠】

【明日はあの山へ (拡大)】

中山へもエビのシッポで真っ白な並木道。時々風が吹いて、飛んでしまうのがもったいない。


【中山へ (拡大)】
天狗岳
【天狗岳】

何度も天狗岳を振り返りつつ、短い登りで中山へ。


【中山へ】
天狗岳
【天狗岳 (拡大)】

中山の山頂は登山道の途中にあり、標柱がなければ気づかず通り過ぎてしまいそうな山頂です。


【中山 山頂】

【中山展望台へ】

樹林帯から一気に開ける中山展望台。なんと!雪いっぱいをまとった立派な樹氷になっています!

中山展望台
【中山展望台】
中山展望台
【樹氷 (拡大)】

なんて素晴らしいんでしょう~♪

中山展望台天狗岳
【天狗岳 (拡大)】


【中央アルプス方面】

【蓼科山方面】

大昔に行った蔵王の、ミニチュア樹氷原。

中山展望台
【樹氷 (拡大)】

どれを見ても楽しい造形。 自然の神は偉大な芸術家。

樹氷
【恐竜モンスター (拡大)】
樹氷モンスター
【鳥獣モンスター (拡大)】

寒さに堪えて楽しく眺めていたけれど、部屋割りの時間もあるので、そろそろ戻りましょう。
往きは気づかなかったけど、けっこう崖の際を歩く所もあるので注意しつつ下りました。


【ランドセル姿の小学生モンスター (拡大)】

【崖に注意】

樹林帯を抜け、見えてきた天狗岳。北面にガスが吹き付けているので、明日もきっと霧氷がきれ~い♪


【東天狗の北側  霧氷造成中~♪】

【中山峠へ】

ヒュッテに戻って来ました。今日は60名くらいで1人1枚の部屋割り。
小屋はとても暖かく、皆さんとおしゃべりしながら夕食も美味しくいただきました。
就寝前、夜空には星が煌めき明日の天気も期待出来そうで、感謝の一日が終えました。

黒百合ヒュッテ
【黒百合ヒュッテへ】
黒百合ヒュッテ 夕食
【黒百合ヒュッテ 夕食】




前回:タケ山・シダンゴ山     HOME     山域別     翌日:天狗岳・高見石