雄山・大汝山・富士ノ折立・別山

おやま(2991m)・おおなんじやま(3015m)・ふじのおりたて(2999m)・べっさん(2874m)


今日は立山稜線歩きですが、10年前に気づかなかった富士ノ折立山頂に寄ってみようと思います。
人気のルートですが、平日ということもあり思いのほか静かな山歩きが出来ました。


2018.7.25
(水)
 みくりが池
温泉
一ノ越雄山大汝山富士ノ
折立
真砂岳別山剱御前
小屋
雷鳥沢ミクリガ池室堂
晴れ  05:15発06:30
06:45
07:45
08:15
08:35
08:45
09:05
09:45
10:20
10:30
11:30
11:50
12:1513:25
13:35
14:25
14:45
15:00着
15:15発


朝食はお弁当にして、早めに涼しい稜線へ。 今は11℃、さすが室堂。東京なら猛暑の熱帯夜。

ミクリガ池
【朝のミクリガ池】

【残雪を何度も通って 一ノ越へ】

みくりが池温泉のお弁当はプチパン6個+あれこれ。ご飯ではないのが残念でした。


【朝日が差し始めたミクリガ池】

【一ノ越 登山者もまだ少ない】


【振り返れば 昨日歩いた龍王岳と浄土山】
雄山神社へ
【岩ゴツゴツを雄山神社へ】


【今日は霞みの五色ヶ原・槍ヶ岳方面 (拡大)】
雄山神社
【朝の静かな雄山神社 (拡大)】

知らずに来ましたが、今日は雄山神社の例大祭とのことで宮司さんが準備中。
参拝料を納め、お札をいただき峰本社へ。飾り付けされたお社の前で祝詞とお祓いを受けました。

雄山神社峰本社
【雄山神社峰本社 例大祭の準備】

【横に「雄山頂上」】


【立山の稜線へ】
大汝山
【大汝山】

前回来た時はここが「富士ノ折立山頂」かと思いましたが、登っている人がいます。上がれるの?
私もトンガリてっぺんへ行ってみると、狭いけれど山頂札がいっぱいありました。

富士ノ折立
【富士ノ折立   今日はトンガリ山頂へ】
富士ノ折立 山頂
【富士ノ折立 山頂 (拡大)】


【黒部ダム  ロープウエイが見える (拡大)】
内蔵助カール
【内蔵助カール見つつ 真砂岳へ (拡大)】

ほぼ平坦な稜線歩き。 気持ちのいい山上の散歩道です。

室堂
【ゼブラ模様の室堂 (拡大)】

【真砂岳】

真砂乗越から別山へ
【真砂乗越から別山への登り】
別山山頂
【別山山頂】

剱岳には雲がかかり始め、ちょっと残念。でも下に山小屋が見るのは楽しいですね。

剱岳
【雲がかかり始めた剱岳 (拡大)】

【剱沢の剣山荘や剱沢小屋(拡大)】


【剱岳御前小舎】
真砂岳の大走り
【真砂岳の大走り見ながら、雷鳥沢へ(拡大)】


素晴らしく整ったシシウド

シナノキンバイ

トウヤクリンドウ

イワイチョウ


地獄谷方面
【地獄谷方面 (拡大)】
雷鳥沢
【雷鳥沢を渡る】

キャンプ場から室堂へは、けっこう長い階段の登り返し。今回一番の難所でした・・・


【キャンプ場から、登り返し・・・?】

【長い階段登りが続き やっと雷鳥荘】


【硫酸ガスで枯れた木々見つつ下って・・・】

【上がって下っての繰り返し (拡大)】

ミクリガ池には、残雪の塊が融けて浮かんでいました。飛行機の上から見た気になれば、流氷?

ミクリガ池 プチ流氷
【ミクリガ池には、プチ流氷♪ (拡大)】
立山
【立山 また来ますね~】

アルペンルートで扇沢へ。トロリーバスは今年が最後で、来年からは電気バスになるそうです。


【黒部ダム  虹がきれい】

【最後のトロリーバス ありがとう~】


いつも賑わう印象の室堂でしたが、今回は帰路のアルペンルートも空いていて、爽やかな二日間でした。今年は高山植物も早く、花は既に後半期の雰囲気だったので、8月になるともう秋の花になっているかも知れないと思いました。今年は紅葉も早そうです。


コース参照:2008年8月 立山三山




前日:浄土山・龍王岳    HOME    山域別    次回:羽黒山・酒田花火