蝶ヶ岳

ちょうがたけ(2677m)
平成30年8月18日~20日

「命にかかわる危険な暑さ」「不要不急の外出は避けて」「戸外での運動は中止して」 連日聞いた、この言葉。
異常な猛暑が続いたこの夏。縦走の気力はなかったけれど、せめて穂高岳を眺めたいと蝶ヶ岳へ行くことにしました。


2018.8.18-20
(土-月)
 上高地徳沢横尾槍見台展望
ベンチ
横尾
分岐
蝶ヶ岳
ヒュッテ
長塀山徳澤園穂高神社
明神池
上高地
晴れたり
曇ったり
 06:40着
 07:00発
08:45
09:00
10:00
10:25
10:55
11:05
11:50
12:05
14:20
14:30
15:00泊
翌11:00
12:10
12:35
15:00泊
翌08:00
09:10
10:15
11:25着
12:40発


上高地
【ムーンライト信州利用で、上高地へ】
明神岳
【いつも凛々しい明神岳】

徳沢園
【一度は泊まってみたい徳沢園】
横尾
【今日は比較的静かな横尾】

蝶ヶ岳分岐
【蝶ヶ岳分岐からシラビソ林へ】

【シラビソの急登が続く】

槍見台
【槍見台から望む槍の穂先】

【1時間ちょっと登ると、上にもベンチあり】


【まだまだ続く急登  ひたすらシンドイ】

【そろそろ森林限界 やれやれよかった~】

横尾からの道は急登が多いので、ツライけど標高は稼げ、ようやく稜線に出ました!

横尾分岐
【横尾分岐 奥は蝶槍方面】
蝶ヶ岳へ
【蝶ヶ岳へ続く、たおやかな稜線】

そして振り返れば、素晴らしい穂高連峰~槍ヶ岳♪


【穂高連峰    槍ヶ岳 (拡大)】

蝶ヶ岳ヒュッテで宿泊手続きし、すっかり蝶ヶ岳山頂になってしまった長塀ノ頭へ。
三角点を捜している人がいましたが、三角点は蝶槍の手前ピークにあり、あちらが旧蝶ヶ岳山頂です。

瞑想の丘
【瞑想の丘 展望盤】
蝶ヶ岳山頂  (旧長塀ノ頭)
【蝶ヶ岳山頂 (旧長塀ノ頭)】

夕食後、雲が増え日没も雲の中。 やがてガスが流れ、寒くなって夕焼けを諦めたけれど・・・


【夕食後の槍・穂高】

【次々とガスが流れて来る】

沈みゆく雲の上から徐々に槍の穂先が現れ、やがて槍・穂高のシルエットが浮かんで来ました。
東には、ピンク色に染まった空に半月が浮いて、素晴らしい夕焼けになりました。感謝。

素晴らしい夕焼け空 槍・穂高
【素晴らしい夕焼け空 槍・穂高 (拡大)】

【夕焼け空に浮かぶ月 (拡大)】


******************  8月19日  ******************


翌朝は、一面に広がる雲海の上から、荘厳な輝きのご来光。

未明の富士山・南アルプス
【未明の富士山・南アルプス (拡大)】

【妙高方面から ご来光 (拡大)】

波打つ雲海もオレンジ色に染まり、モルゲンロートの槍・穂高も朝を迎えました。気温0.5℃。

雲海に浮かぶ朝日
【テント場 雲海に浮かぶ朝日 (拡大)】

【モルゲンロート (拡大)】

今回は涼しい稜線で穂高連峰~槍ヶ岳の眺めを楽しむのが目的なので、蝶槍までゆっくり散策。

穂高連峰~槍ヶ岳
【穂高連峰・槍ヶ岳  ~  常念岳 (拡大)】


【御嶽山 乗鞍岳 霞沢岳 (拡大)】
槍・穂高眺めつつ
【蝶槍へ 稜線散歩 (拡大)】

大きく見守ってくれる穂高岳。 心が弱っていても眺めているだけで元気になれる私のパワースポット。


【穂高連峰    槍ヶ岳 (拡大)】

蝶槍
【蝶槍ピーク】

【蝶槍ピークから見る常念岳】

横のピークが昔の蝶ヶ岳山頂で、三角点あり。ハイマツから出て来たのは、半分白いライチョウさん。

三角点のある蝶ヶ岳旧山頂
【三角点のある蝶ヶ岳旧山頂 (拡大)】

【冬の装い準備中のライチョウさん (拡大)】

素晴らしい眺めになかなか下山モードにならず、のんびりコーヒータイム。
以前から泊まってみたかった徳澤園に電話すると、相部屋の空きがあったので予約しました。


【眺望コーヒータイム】
蝶ヶ岳
【蝶ヶ岳は好きなので、また来ま~す♪】

11時。そろそろ下山。八ヶ岳や南アルプス方面もまだまだきれいで、何度も立ち止まってしまいます。


【八ヶ岳   大滝山         富士山 南アルプス (拡大)】

蝶ヶ池
【水のない蝶ヶ池を眺めつつ 妖精ノ池へ】

【色づき始めたナナカマドの実】

花はトリカブトやオヤマリンドウなど秋の花。コバイケイソウやウサギギクなどは終わっています。
妖精の池からは長い下りが待っていますが、シラビソのいい匂いがしていました。

妖精の池
【花は終わった妖精の池】

【シラビソのいい匂い】

長塀山からもひたすら長い下りだけれど、所々には休憩に便利な倒木ベンチあり。

長塀山 山頂
【長塀山 山頂】

【森の奥に積雪期ルートの道標】

他にはゴゼンタチバナ・エンレイソウ・サンカヨウ・タケシマランなどの実もありました

コケモモ

クロマメノキ

シラタマノキ

クロウスゴ

井上靖「氷壁」の宿、徳澤園はオシャレで若い人にも憧れの山小屋。というより、ホテルふう山荘。
リニューアルされた相部屋は洞窟みたいでワクワク楽しい、秘密の部屋みたいです。

徳澤園
【徳澤園】
徳澤園 相部屋
【相部屋】


******************   8月20日   ******************


翌朝の徳沢の気温は、なんと6℃。東京では考えられない気温でストーブの周りに人が集まります。
今日は帰るだけなので穂高神社にお参りし、久し振りに明神池にも寄ってみることにしました。

明神橋
【明神橋】
明神池
【明神池】

今は拝観料(300円)が必要。随分奥まで木道が整備され、紅葉の頃にも来てみたい雰囲気でした。

明神池
【明神池】

【アオサギ?】

小梨平でケショウヤナギを見ながら梓川沿いに歩き、
五千尺ホテルで窓の外を眺めつつ、静かなケーキセットタイム。

梓川 ケショウヤナギ
【梓川 ケショウヤナギ】
五千尺ホテル ケーキセット
【五千尺ホテル ケーキセット】

2泊して蝶ヶ岳だけ。 ゆったり過ごし、少し元気になれた三日間に感謝の山旅でした。


【すっかり雲に隠れた穂高連峰】

【バス時間までシラカバ散歩道】

他にはミヤマアキノキリンソウで、クルマユリ・ハクサンフウロ・ソバナなども少し咲き残っています

トリカブト

ルイヨウボタン

オヤマリンドウ

ノコンギク

コース参照:2010年5月 残雪期の蝶ヶ岳




前回:羽黒山     HOME     山域別     次回:乙女高原