黒川鶏冠山

くろかわけいかんざん(1716m)

土日限定のバスを利用して、落合からイワカガミ咲く黒川鶏冠山へ行ってきました。
9年前と同じルートで、丸川峠までの苔むす森の道は相変らず静かなルートでした。


2022.6.4
(土)
 鶏冠山
 登山口
横手山峠
分岐
鶏冠神社
分岐
鶏冠神社黒川鶏冠山
見晴台
横手山峠六本木峠寺尾峠丸川峠裂石BS
晴れたり
曇ったり
 09:35着
 09:40発
10:3011:0511:15
11:20
11:45
12:05
12:3013:0014:10
14:20
14:40
14:55
16:20着
16:43発


塩山駅8:30発の落合行バスに乗車。予め運転手さんにお願いすると鶏冠山入口で降ろしてくれます。
9年前は落合で下車したものの、金森さんと入口探しに苦労したけれど今は便利。
舗装道路を上がり、登山口から山へ向かうと、もうクリンソウが咲き始めていました。

鶏冠山入口
【自由乗降区間  「鶏冠山入口」】

【登山口 少し先にクリンソウ (拡大)】

ハンノキ尾根は北西側なので苔むした雰囲気。 雨の続く季節はしっとり瑞々しい緑が続きます。


【苔むす桟橋】

【新緑の森】

晴れ予報なのに雲が多い。日差しが戻るとエゾハルゼミが一斉に鳴きだし明るい雰囲気になりました。


【ハシリドコロ葉】
横手山峠分岐
【横手山峠分岐】

苔の岩道を進み、鶏冠神社分岐にきました。ここからは単独の人と何回かすれ違います。


【苔むす岩道】

【鶏冠神社⇔黒川鶏冠山 分岐】

大岩を回り込むとイワカガミやシャクナゲが点在しますが、今年はやや少なめ?終盤のよう。


【大岩を回り込む】

【アカバナヒメイワカガミ (拡大)】

狭い岩頭にある鶏冠神社にお参りしました。諦めていた富士山が半分だけでも見えて感謝です。


【大菩薩嶺  富士山 (拡大)】
鶏冠神社「鶏冠山(黒川山)」
【鶏冠神社 標柱「鶏冠山(黒川山)」(拡大)】


クリンソウ

淡い色 イワカガミ

アカバナヒメイワカガミ

アズマシャクナゲ

先ほどの分岐に戻り見晴台へ。雲が多いものの西側は青空も見え、奥秩父方面が見えていました。


【三叉路 直進して見晴台へ】
黒川鶏冠山・見晴台
【見晴台 (拡大)】

昭文社地図では鶏冠山と黒川山は別ですが、地理院地図では三角点のある所が鶏冠山(黒川山)。
直下のトウゴクミツバツツジを見ながら分岐に戻り、六本木峠へ向かいます。

鶏冠山(黒川山)山頂
【鶏冠山(黒川山)  三角点あり】

【ミツバツツジ見ながら三叉路へ (拡大)】

この山域はあちこち分岐しているけれど、道標もしっかり設置されているので安心して歩けます。

横手山峠分岐
【横手山峠分岐】
新横手山峠分岐
【新横手山峠分岐】

林道横断し、少し先から柳沢峠方面へ。  味わい深い古い道標もまだ健在です。


【林道横断  左先に入口】

【古い道標「柳沢峠」】

六本木峠から丸川峠へ向かうとフモトスミレ咲く水平道になり、やがて苔むす大岩の森になりました。

六本木峠
【六本木峠】

【苔むす大岩 (拡大)】

大きな平たい岩が折り重なったように張り出している所もあって、森の精でも現れそうです。


【青緑の若葉  カラマツ林】

【折り重なった平岩 (拡大)】

やがて稜線に合流。日差しも出て、またエゾハルゼミの鳴く明るい新緑の尾根道になりました。


【苔むす岩道から稜線へ】

【明るい新緑 (拡大)】

天庭峠。名前通りちょっと日本庭園ふう。その先も緑いっぱいの気持ちのいい道が続きます。

天庭峠
【天庭峠】

【カエデも多い 緑いっぱいの道】

緩やかな道が続きエネルギー補給を忘れていました。寺尾峠の倒木に腰かけて休憩タイム。
その先もちょっと傾いて危なげな桟橋などあって、奥秩父深山の雰囲気です。

寺尾峠
【寺尾峠】

【体重制限 なし?】


フモトスミレ

フイリフモトスミレ

ワチガイソウ

カントウミヤマカタバミ


開けた草原の丸川峠に到着。グループさんが休憩中なので、私もデザートタイムにしました。

丸川峠
【丸川峠】
丸川峠
【開放的な草原】

丸川峠からは岩の急下りもあり要注意だけれど、やがて緩やかな明るい新緑道になります。


【岩の急下り】

【傾斜ゆるむ】

南西の下りなので日も当たり、ちらほらとヤマツツジが咲く道を下って登山口に下り立ちました。


【ヤマツツジ】

【沢のそば 登山口に下り立つ】


トウゴクミツバツツジ

ヤマツツジ

ノイバラ

カンボク


丸川峠への水平道は、しっとり苔岩が続く哲学の道のようだったり、エゾハルゼミの声が明るく響く新緑の森だったりと交互に雰囲気が変わります。いつの間にか草原の丸川峠に着いているという静かなコースですが、いつも同じ季節になってしまう黒川鶏冠山。次回こそ紅葉の頃に歩いてみたいと思います。


コース参照:2011年6月 黒川鶏冠山・三窪高原
2013年6月 黒川鶏冠山・丸川峠 




前回:入笠山・朝霧高原     HOME     山域別